不動産購入マニュアル

マニュアル一覧

新居へ引っ越し

念願のマイホーム購入の後は引越し手続きです。
これだけは賃貸住宅にお住まい間に何度引越してもすぐに忘れがちです。
新生活をスムーズに送る上でも、特に行政関係とライフラインだけは、しっかり押さえておいて下さい!
基本的に役所に行く必要があるのは、「引越し前」(転出届)、「引越し後」(新住所のある役所への転入届)と最低でも2回。
効率よく2回で手続きを終わらせられるようにしましょう!
引越し手続き
・現住居の解約手続き

現住居の賃貸契約書を事前に確認しましょう。
管理会社または家主に退去連絡が必要です。できれば2ヶ月前位には連絡しておくと安心です。
・新居の確認

念願のマイホームにスムーズに引越しをする為にも、マンションの場合はエレベーターの数や出入り口の数、間取りや収納を再度確認しておきましょう。
新居先で必要なモノは事前にリストアップしておくとよいでしょう。
・粗大ゴミ・不用品処分

お住まいの自治体によって対応が異なるので近くの清掃局、もしくは専門業者に電話で引き取りの予約をしておくと安心です。
・校区が変わる場合は転校の手続き

転校手続きは学校によって内容が異なるので、事前に転出・転入の両校に確認が必要です。
公立の小学校・中学校の場合、今まで通っていた転出校で、「在学証明書」「教科書給付明細書(小学校)」の発行を受けた後、新居住地の役所に提出する必要があります。
転入校は役所(市区町村)が指定するため、必ず前もって役所に確認しましょう。
私立の中学校や、高校(私立・公立どちらも)に転校する場合には、編入試験があるので、要注意。
・転居はがきの作成・送付

早めに転居はがきを作成・依頼しておくと便利です。
・引越会社選び

ご自身の条件に合った引越会社を選びましょう。
最近ではインターネットで一括で見積もりが取れるので、引越し見積もりEXなどのサイトを利用すると便利です。

お役立ちコンテンツ

エリアランキング

  1. 1位  :   関東
  2. 2位  :   関西
  3. 3位  :   東海
  4. 4位  :   九州・沖縄
  5. 5位  :   北海道・東北

都道府県ランキング

  1. 1位  :   神奈川県
  2. 2位  :   東京都
  3. 3位  :   大阪府
  4. 4位  :   京都府
  5. 5位  :   福岡県

路線ランキング

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーマーク 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。